今までの経歴と現在と整体を通じて届けたいこと|岡山 整体

 

初めまして、こうきです!

このページは僕の経歴をまとめ
自己紹介をさせていただきます

 

僕が今まで何をしてきたのか

何を学んできたのか

何を考えてきたのか

そしてこれから何をしたいのか

 

少しでも知っていただけたらと思います

それではよろしくお願いします!!


運営者プロフィール

【経歴】

・岡山県出身

・1992年生まれの26歳

・小学1年〜高校3年まで野球に打ち込む

・高校2年頃の利き腕のケガがキッカケで治療家の道を目指す

・岡山の専門学校の柔道整復学科に入学

・大阪の整形外科クリニックでの勤務

・1ヶ月半の石垣島での生活

・岡山市問屋町で整体サロン開業

 

【それぞれの詳しい内容は↓↓↓】

 

小学1年〜高校3年は野球に打ち込む

 


 

ポジションは左利きということもあり
ほとんどピッチャーをしていました

 

思い返せば小学生の頃から
ずっと背の順は前の方でした

やはりスポーツをする上で
『体格』というのはパフォーマンスを左右する
大きな要因の一つです

 

体が大きい選手に負けないように必死に練習した結果
高校の進路を決める中学3年の頃に複数の高校から
スカウトをいただきました

 

高校の野球部の監督さんとのお話の中で
皆さん口を揃えたかのように言われた言葉は

 

「高校でもっと背が伸びればいい選手になれるよ!」

 

 

少しづつ身長は伸びていましたが
期待には応えられず170㎝で止まりました!笑

記憶が正しければ中学3年の頃は
身長が160㎝にも満たなかったはず

 

 

中学3年生の平均身長が約167㎝なので
それよりも10㎝近く小さかった僕を
スカウトしてくれた監督には本当に感謝しています

 

治療家の道を目指したキッカケ

 

高校2年の時に利き腕の肩と肘の痛みで
数ヶ月、痛みでボールが投げれない時期がありました

 

ケガの治療で理学療法士、柔道整復師、鍼灸師にお世話になり
この業界を目指すことを決意しました

 

『自分のようにケガや痛みで
 好きなことができなくなる人が少しでも減るように』

 

当時この想いが強くあったのは、今でも鮮明に覚えています

 

専門学生時代の鍼灸整骨院勤務

 

専門学校へ進学と同時に鍼灸接骨院に勤務し
施術のサポートをさせていただいていました

 

そして外部では実業団野球部選手の
試合前、試合後のケアをしたり
試合に帯同するトレーナーなども経験しました

 

捻挫や肉離れ、肩や肘の投球障害、筋肉の疲労など
アスリートのケアは18歳から経験してきたこともあり
今の自分の得意な施術ジャンルにもなっています

 

もう一つ得意なのが【テーピング】です!

「テーピングなんて誰が張っても一緒じゃない?」

そう思う人もいるかもしれませんが
これが全然違います!

 

スポーツ選手へのテーピングなので
全てガチガチに固定すればいいものではありません

 

足首のテーピングでは
スパイクも履く必要があるので
厚みもコントロールしながら…

 

そして、この関節の動きは出るようにしたまま
この筋肉の動きを制限しよう…

 

こういった感じでポジションや状況に応じて
工夫しながらテーピングを貼っていました

 

 

捻挫や肉離れの固定のためのテーピングや
筋肉の補助をするためのテーピングなどは
専門学校1年の終わりには一通りできるようになっていました

そして専門学校2年の頃には
実業団野球部の遠征にも帯同させていただいていました!

 

試合前から試合中にかけての緊張感
試合後の選手のケアをしていましたが
自身の現役ではない視点を得れたことは
とても大きな財産になっています

 

 

朝:鍼灸整骨院での仕事
昼:学校で勉強
夜:鍼灸整骨院での仕事
深夜:国家試験の勉強

このような思い切り充実した生活のおかげで
治療家としての土台ができました

無事、国家試験にも合格し
お話の舞台は大阪へ移ります

 

  

大阪の整形外科クリニック勤務

 

岡山の鍼灸整骨院に3年勤務したので
「次は整骨院ではできない経験がしたい!」

そう考えてクリニックに就職!

 

レントゲンが見れることや
ドクター、ナース、理学療法士、放射線技師、鍼灸師など

自分にない知識や資格を持った先輩がいたので
ここでも素敵な経験ができました

 

そして病院ということもあり
整骨院では来られない内科的な症状を持った方の
リハビリや治療

 

そして交通事故やスポーツ、日常生活で起きた
骨折や脱臼の整復や処置、固定も経験できました

 

 

様々な経験や資格を持った先輩セラピストの
意見やアドバイスも聞くことができたので
『治療の幅や引き出し』はとても増えました

 

4年間クリニックでお世話になり退職
そして石垣島へ移住することを決めました 

 

 

石垣島で1ヶ月半の移住

 

 

周りの人に石垣島に移住することを伝えると

「アホやろ!何考えてるねん!」

「めっちゃええやん!俺も行きたいわ〜」

「いやいや、何しに行くの?」

このように様々な感想をいただきました!笑

 

 

なぜ石垣島に行ったかというと

クリニックなので
病院という『看板』があります

 

その病院という大きい『看板』がなっかたら
自分は何者なのか?

自分一人では何もできないのか?

 

それなら知り合いが一人もいない
遠く離れたところに行ってやろう

 

こうして石垣島に行くことを決意しました!

 


石垣島で何をしていたかというと…

 

晴れた日は必ず海に行き

海で出会った現地のダイバーや漁師に
お誘いをいただけば居酒屋に行き泡盛を飲んで

 

そこで現地の方ともお話をしながら飲んで

 

そうしていると日本のあちこちから来ている
観光で来た人とも飲んで…

 

泡盛なしでは僕の石垣島生活は語れませんね!笑

 

 

セッションの依頼も多くいただいたので
もちろん施術もしていました!

紹介も頂いたしていたので
想像していたよりもはるかに多くの方を
施術させてもらいました

 


 

地元の岡山で整体サロン開業

 

1ヶ月半の石垣島の生活を経て
地元岡山で2018年7月に整体をオープンしました

 

今までトレーナーや鍼灸整骨院、
整形外科クリニックや勉強会、セミナーで
学んだこと全てを発揮していきたいと考えています

 

様々な経験から対応できる症状はとても幅広いので
現在どんな方が来られているかご紹介しますね!

 

・慢性的な肩こり腰痛
・産前、産後の骨盤調整
・スポーツでのケガや痛み
・痛み止めを常用する頭痛
猫背O脚などの姿勢改善
・スポーツの試合前の体の調整
・女性に多い悩みのむくみ冷え
・頭蓋骨からバランスを整える小顔矯正
寝付けない睡眠が浅いなどの睡眠障害

 

 

あ、整体をオープンしたと言っても
シェアサロンという形でスペースを借りて運営しています

お誘いを頂いた先生をはじめ
毎日指導やアドバイスを頂ける先輩の先生方には
いつも感謝しています

 

 

整体を通じて届けていきたいこと

 

最後になりますが僕が
『整体を通じて届けていきたいこと』について

 

前のページでも書きましたが
自分自身のケガがキッカケでこの業界に進みました

なので
【痛みを取るための技術】については
ずっとこだわり続けていきます

 

また開業してから強く意識しているのが

【痛みがない状態をキープする】
【痛みが出にくい体を作る】

この2点です

 

痛みが出ないようにすることも
すごく大切なことだと考えています

 

 

東洋医学の言葉を借りると
現在の日本人の多くが『未病』と言われています

 

未病とは言葉の通り
「未だ病気ではない」という意味

 

これを病気だけでなくケガや痛みなど
もっと大きく捉えてみると
かなり多くの人が当てはまると思います

 

痛みが出てからでは、ケガをしてからでは
かけがえのない時間を棒にふる可能性もあります

 

 

欲張りかもしれませんが

現在、何かの不調がある人も
将来、何かの不調が出る可能性がある人も

手助けできたらと思っています

 

 

長くなりましたが
最後まで読んでいただき
本当にありがとうございました!!

NO IMAGE