【前鋸筋トレーニング】肩甲骨を使いこなし体のレベルを上げる方法

こんにちは!こうきです!

前鋸筋という筋肉を知っていますか?
セラピストやトレーナーは重要ということを知っていますが、一般的には知名度が少ない筋肉だと思います

ですがこの前鋸筋という筋肉が使えるようになるメリットは多くあるので紹介していきますね!

前鋸筋について

前鋸筋の作用

役割については下のツイートを参照してください

肩の下の脇腹にある筋肉です

ボクシングの井上尚弥選手はこの前鋸筋の発達がすごいので、あれだけのパンチが打てるとも言えるでしょう

前鋸筋の拮抗筋

拮抗筋とは反対の作用を持った筋肉です

前鋸筋は肩甲骨を前に出したり、肩甲骨を上に回旋させたりします。なので拮抗筋は肩甲骨を背骨に寄せたり、肩甲骨を下に回すような作用になります

前鋸筋の拮抗筋は・大菱形筋・小菱形筋・僧帽筋

肩こりでは僧帽筋の過緊張が起きます

なので前鋸筋をうまく使うことで僧帽筋とのバランスが取れて、肩こりの解消にも役立ちます

前鋸筋を鍛えるメリット

1・肩こりの改善、予防

先ほども少し話をしましたが筋肉のバランスを整えることで肩こりの解消が期待できます

2・姿勢の改善

前鋸筋は肋骨の引き上げにも関係します

猫背の状態であれば肋骨は下に向いてしまいますので、体幹の安定にも役立ちます

3・パフォーマンスアップ

どのようなスポーツでも肩甲骨は必ず大切なポイントになります

肩甲骨を上に回旋させる動きは投球動作やテニスのサーブ、バスケのシュートなど多くの場面で行われます

また肩甲骨の安定性も上げる作用があるので、肩のケガ予防にもつながります

前鋸筋トレーニング

最後に前鋸筋のトレーニングをご紹介します

詳しい解説は動画内の字幕に載せています

肩こりやケガに悩まされる人が少しでも少なくなりますように

最新の情報はこちらから
NO IMAGE