【スポーツ選手にオススメ】体のバネを生み出すエクササイズ【動画付き】

こんばんわ、こうきです!

体のバネ」という言葉
スポーツをしている人は耳にしたことがあると思います

体のバネが生きるのは走る、ジャンプだけでなくゴルフや野球のスイングの動作やサッカーやバスケの方向転換にも役立ちます

 

さて、本題に移ります

 

体のバネを生み出す方法

体のバネはパワーの蓄積と放出によって生まれます

要は大きな力をいかに一瞬で出せるか、この能力が優れた人を体のバネがあるという認識を僕は持っています

 

体のバネを生むのに必要なこと

①関節の可動域 ②必要な筋力 ③体の調整能力

それぞれを解説していきます

①関節の可動域
筋肉はゴムのように伸びたぶん縮みます。ゆっくり戻すよりもパッと離すとスピードとパワーが生まれます。

可動域が小さければ必然的に筋肉は伸びにくくなるので、スピードもパワーも落ちます

 

②必要な筋力
これもゴムで説明できるのですが、ヨレヨレのゴムを引っ張ってパッと手を離すとゆっくり戻ります。

筋肉が少なければ縮む力が弱くなるので競技に合わせた筋力は必要です

 

③体の調整能力
ここでの調整能力は体のバランスを取る力や力の入れるタイミングの正確性を指します。

これらの調整能力は小さい頃から繰り返し取り組んできた運動やスポーツなどの影響も大きく関わります

 

最後に体のバネを作ることにつながるエクササイズを紹介します。超基本のエクササイズですがキレイにできる選手は意外と少ないです…

ぜひできるかどうか試してみてください!

チェックポイント
・膝が内に入らないこと
・同じ位置で着地すること
・上半身の角度を変えないこと
・股関節、膝、足首の連動を意識すること

NO IMAGE